【家を建てる費用】内訳を確認しておこう!

家を建てる費用の内訳について説明しています。どんなものがあるか家を建てる前に確認しておくべきです。

*

注文住宅を選ぶ時の心構えは?

   

かれこれ20年程前になるでしょうか。 老朽化した小さな平屋から隣の庭だった土地に注文住宅を建てました。

まずは、有名各社のモデルハウスの立ち並ぶマイホームセンターの見学に行きました。

するとアンケート記入を求められます。後日、それぞれの営業さんがパンフレットなどを届けてくれましたが、これで終わりではありませんでした。

それから今度はお話に来て、もし家を建てるなんて言うと毎週日時を決めて週一回は来ると言う事になります。

これは建て主のためではなく自分達のためなんです。他のメーカーにお客を取られたくない、何とか契約して貰いたいと言う事なんですね。

うちの場合、4棟ほど見学していたので週4回、各社やってくるわけです。見張られてるようでしたし、忙しいのにこれだけでも参りました。

そんな時、不動産の営業さんから、あまり宣伝はしてないけど高級注文住宅で評判の良い家を建てるところがあると聞きました。それでこの機会にと、紹介して貰った工務店にも話を聞きました。

そこで大きな違いに気づいたのです。最近はどうか分かりませんが、TV宣伝している注文住宅のメーカーでは、まず営業さんが話を聞いて、簡単な設計図を描いて来るのです。

いよいよ契約となれば、建築家がそれなりの設計図を作成してくれるようでした。

ところが別に紹介された工務店は、営業さんが来て住む家族のライフスタイルをじっくりと聞いてくれたのです。

趣味についても詳しく聞き、設計図は相談の上、最初から一級建築士が作成してくれました。

またその時、建築士さんから聞いたのは、家族構成、年齢を聞けば間取りは自ずと決まって来る、問題はライフスタイルだと言うのでした。

この段階で私の気持ちは、かなり工務店に傾きました。他の注文住宅メーカーの営業さんは、誰一人 趣味の話など聞いてくれませんでした。

だって、そうですよね。趣味の道具を収納したり、飾ったりする物があれば、それなりのスペース、間取りは必要です。

結局、その工務店さんに決めて家を建てました。営業さんもしっかりしていました。他のメーカーさんの話も聞いてみたらと言ってくれましたが、他の営業さんは、そんな工務店など知らない、辞めたら良いと言うのですが、聞いていて良い印象はありませんでした。

勿論 発注するにも予算がありますから、どこにどんな物を使うかもポイントです。そして、まず営業さんの対応、いかにお客さんのライフスタイルを注文住宅に活かすか、それでこその注文住宅です。

それが何より重要だと感じました。

もし不具合があれば、現在もすぐ見に来てくれますし、本当に良かったと思っています。

注文住宅の費用についてこちらで説明しています>>

 - 注文住宅について考える ,

  関連記事

FC001_L
注文住宅で木のぬくもりを実感

一戸建て住宅は主に鉄筋コンクリート住宅や木造などといった構造がありますが、それぞ …

FC058_L
注文住宅で内部は快適かどうか

注文住宅で考えることがあります。 キッチンは薄暗くて寒い場所から住まいの中心的役 …

FZ006_L
注文住宅でリビングやキッチンの環境を考える

注文住宅はいいモノで、一般的に部屋の配置をするということを間取りといって建築士は …

FC057_L
家選びで知っておくと良い事

賃貸物件なら、気に入らなければ引越しすればよいですが、 家選びは高額な買い物なの …

FC137_L
注文住宅はいい素材を使える

注文住宅で最近自然素材への関心の高まりがあって無垢のフリーリングなどがとても人気 …

FC132_L
注文住宅なら日本伝統の工法で

注文住宅を建てたいといったことを考えている方がいるでしょうが、まずどこに依頼して …

FC008_L
注文住宅はリビングが核となる

注文住宅はいい生活になりますが、やはり間取りの核となるのはリビングですが、家族が …

FC161_L
注文住宅は設計者の図面が大事

家づくりの楽しみは家を持てる喜びですが、もう一つの楽しみが間取りを考えていくこと …

FC170_L
注文住宅は業者にどういった家にするか伝えることが大事

土地の購入や資金計画にめどが立ってくれば、新居を立てていくときどこにしようかとい …

FC139_L
注文住宅で設備を整えることが大事

間取りを考えて行くときはたのしいものですが、つい予算が頭から離れてしまいがちです …